犬吠埼灯台 Inubosaki Lighthouse
犬吠埼灯台(千葉県銚子市,2021)

犬吠埼灯台周辺の地層は恐竜が繁栄していた白亜紀の時代のもので、約1億2000万年前という大昔に形成されました。犬吠埼で白亜紀の地層が見られるのは、隆起によって地下深くの古い岩盤が持ち上げられたからで、西側に広がる関東平野には新しい時代の地層が分布しています。犬吠埼だけが太平洋に突出しているのは、古くて硬い岩盤であるために、侵食に耐えることができたからです。

 

  • Title: Inubosaki Lighthouse
  • Location: Choshi City, Chiba Prefecture, Japan
  • Date of photo: 2021.08.18

The strata around the Cape Inubosaki, where the Inubosaki Lighthouse is located, were formed as long ago as 120 million years ago during the Cretaceous Period when dinosaurs flourished. The Cretaceous era strata can be seen here because the uplift lifted the old bedrock deep underground, while the Kanto Plain to the west has strata of a newer age. Only the Cape Inubosaki juts out into the Pacific Ocean because its old, hard bedrock has been able to withstand erosion.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。